• ホーム
  • 事業内容
  • 草垣工業が選ばれる理由
  • 連結組立工法とは
  • 施工実績
  • 企業情報
  • 採用情報

連結組立工法とは

  • 連結組立工法について
  • 連結組立工法の実験結果

 「自画自賛」で終わらせない。

連結組立工法は鉄の熱変性や接合部の破断、コンクリート打設時の結束の乱れも防ぐことのできる、品質的にも優れた工法です。

九州共立大学工学部の高山俊一教授にご協力いただき、その効果を測定いたしました。

鉄筋連結組立工法の効果を測定 実験協力:九州共立大学工学部・高山俊一教授

草垣工業の独自技術「鉄筋連結組立工法」は、配筋工事の効率化を図ることで作業時間を大幅に短縮し、現場の安全性も高まる画期的な工法です。鉄筋に溶接熱を加えず、さらに針金による結束も行わないことで、鉄の熱変性や接合部の破断、コンクリート打設時の結束の乱れも防ぐことのできる、品質的にも優れた工法だと自負しています。

ただ、作業の効率化に関しては、現場で実際に確認することができるものの、建築物の構造材としての品質は、竣工後の建物を破壊しない限り、明確にはなりません。直下型地震などが発生し、外部から大きな力が加わった時、草垣工業が誇る鉄筋連結組立工法は、在来工法による鉄筋よりも高い強度を発揮できるのか。

より多くの建築現場で、私たちの工法を採用していただくためには、品質に関しても自画自賛ではいけない。そう考え、九州共立大学工学部の高山俊一教授のご協力を仰ぎ、1ヵ月におよぶ『鉄筋コンクリート梁の曲げ性状』実験を実施していただきました。

※画像をクリックするとPDFファイルを表示します

1.大学教授初見

1.大学教授初見

2.ストレンゲージ貼り付け位置

2.ストレンゲージ貼り付け位置

3.曲げ破壊試験結果(1)

3.曲げ破壊試験結果(1)

4.曲げ破壊試験結果(2)

4.曲げ破壊試験結果(2)

5.試験画像(1)

5.試験画像(1)

6.試験画像(2)

6.試験画像(2)

以上の実験結果によって証明されたように、「鉄筋連結組立工法」による鉄筋を構造部材に使用したRC梁は、一般的な切断鉄筋を針金で結束したRC梁と比較して、「たわみ」「ひずみ」「ひび割れ」の3項目において、強度アップの効果が確認されました。

なお、高山教授による実験報告では、『現場での鉄筋組み立て時の手間数が少ない点が、最も大きい長所』『在来工法では針金による緊結の「忘れ」や「手抜き」を招きやすいが、この点を軽減できる点も利点』との評価もいただいております。

  • 連結組立工法について
  • ご相談・お見積依頼はこちら

連結組立工法

  • 連結組立工法とは
  • 連結組立工法の実験結果

ご相談・お見積依頼はお気軽にどうぞ

24時間365日お見積り受付中です。
お気軽にご相談ください。

  • ご相談・お見積依頼
  • 連結組立工法 工期短縮・品質アップを実現します
  • 草垣工業が選ばれる理由

企業情報

代表あいさつ
代表あいさつ
会社概要
会社概要
スタッフ紹介
スタッフ紹介
採用情報
採用情報
ページの先頭へもどる